株式会社上昇気流

BLOG

ブログ

2019.4.18

路地裏の一等地 路地裏ならではの注意点

  • Facebook
  • twitter
路地裏の集客方法

路地裏のお店の集客方法は表通りのお店の集客方法とは明らかに異なってきます。
一般的なお店に比べると常連やリピーターの割合が非常に多いのです。そして、隣りにいるお客様同士の距離が近い分、隣のお客様の雰囲気がいいとお店全体の雰囲気が良くなるのです。
お客様は他のお客様を見てそのお店の判断をしています。当然、客層がいいとその輪の中に入りたくなって、良い客層が更に良い客を呼ぶのです。
つまり、口コミが最も重要な集客になります。ご来店いただいたお客様がどれだけ語ってくれるかが重要です。
最近では口コミがSNSに変わってきていますが、やはりリアルな口コミが最も確実な集客方法であることは間違いありません。
口コミで「良い店見つけたよ。」と言ってもらえるような私だけが知っているお店になれるかどうかが重要です。

路地裏の物件選び

具体的にこの物件で儲かるのか?
上昇気流にはこの物件でこの業態で儲かるのかどうかをシミュレーションする仕組みがあります。それらのノウハウをベースにアドバイスをすることができるのです。
システムを使って物件がうまくいくかどうか。投資してもいい金額の限度や、収益性や業態を考慮して、事業のグランドデザインを考えてGOかどうかの判断をします。

また、居抜き物件の場合は予想以上に後からコストがかかることもあります。
厨房回り、水回り、給排気、カウンター。これらがそのまま居抜きで使えるかどうかというのは特に大きな要素です。
ここを間違えてしまうと予想外に大きなコストがかかってしまうので、注意が必要です。

路地裏ならではの注意点

実は表通りの店舗にはあまり無いようなトラブルの一つが近隣住民とのトラブルです。
クレームや近隣に住んでいる方とのトラブルは飲食店経営に大きなダメージを与えます。
路地裏にお店を出す場合、お店のすぐ上や隣には人が住んでいることもしばしばあるのです。
騒音や匂い等のクレームやトラブルはかなり気をつけなくてはいけません。
実際に出てってほしいと訴えられたり、突然内容証明が届いたりすることもあります。
近隣の人達に応援団になってもらえるようなお店にならないと路地裏のお店というのはうまくやっていけないのです。

路地裏の物件選び。上昇気流が出来ること。

15年155店舗の実績とノウハウを持った上昇気流では、路地裏でお店を開業するためのあらゆる知見が蓄積されています。
物件を探す際のシステムからはじまり、収益計算、デザイン、施工、オープン後のトラブル対応と飲食店オーナーにこれからなろうとしている方たちに大きく貢献することができます。
路地裏の一等地で、是非あなたの夢を上昇気流でサポートさせてください。